キャッシングは返済方法をカスタマイズすることが大切

銀行は返済方法が少ないものです。
基本的には口座引き落としによる毎月一度の返済となっており、追加返済ができるとすればATMからとなっているのが普通の銀行です。
ところが商社金融は違います。
便利になっているのは借入方法だけではなく返済方法もまたしかりです。
キャッシングの基本は借り入れではなく返済です。
もちろん当初の目的はお金を借りてピンチをしのぐことだったでしょう。
いざお金を借りてそのピンチをしのぐことができれば今度の目的は借りることから返済することしいては完済することに変わります。
借り入れる回数よりも返済する回数の方が何倍も多いものであり、だからこそキャッシングは借りることを土台にするのではなく返済することを土台として考えていかなくてはなりません。
すぐにお金借りれる消費者金融には返済方法が非常に多くあります。
どんなものがあるのか見ていきましょう。
・消費者金融専用ATMからの返済
・提携ATMからの返済
・口座引き落とし
・銀行振込
・インターネット返済
ATMからの返済は買い物のついでなどでも行っていけるでしょう。
24時間いつでも利用できるコンビニATMはなおのこと便利になるはずです。
口座引き落としは返済を忘れないためにも活用しておきたい返済方法でしょう。
銀行振込は振込手数料が高くかかりますのでできる限り外しておきたいものです。
インターネットバンキングを経由した返済はどの消費者金融でも手数料無料として用意されています。

Posted in キャッシング | Leave a comment

ローンカードの低金利を比較してみる

昔は、ローンカードの金利は「高い」ものというイメージがありました。
現在でも、そのイメージ自体は払しょくされていないかもしれません。
しかし、現在のローンカードは、「低金利戦国時代」といってもいいほど、低金利化が進んでいます。
そこで、いくつかの低金利ローンカードについて総量規制対象外 比較してみましょう。
?ジャパンネット銀行ローンカード
2014年1月から6月末まで、100日間無利息キャンペーンを実施している、ジャパンネット銀行ローンカードです。
その下限金利は、なんと2.5%を実現しています。
また、最高借入限度額も、破格の1、000万円と高額。
200万円までの申込であれば、収入証明書が不要という、これまでのローンカードの常識を打ち破った商品です。
?イオン銀行カードローン「BIG」
申込から利用できるまで、来店不要、インターネットですべて完結してしまうというローンカードです。
その金利は、3.8%〜13.8%と低金利を打ち出し、借入限度額も最大800万円と高額を実現しています。
パートやアルバイトの方の申込も可能で、利用者が急増している人気商品です。
?オリックス銀行カードローン
おまとめや、借り換えもOKのおすすめカードローン。
年利3.0%〜17.8%と、圧倒的低金利で人気のある商品です。
借入限度額は、最高8010万円、申込金額300万円以下の場合には、所得証明書の提出が不要になっています。
大口の借り換えなどには、最高の1枚になるでしょう。

Posted in 消費者金融 | Leave a comment

最低返済額とは何?プロミスとバンクイックでは違う?

毎月の返済額の中には最低返済額というものがあります。
プロミスでもレイクでもその金額の出し方は違いますし、借り入れ金額によっても最低返済額が違います。
この最低返済額というのは、その月に最低限払わなくてはならない返済額ということです。
この最低返済額以上の返済をすることが一般的には自由となっています。
返済方式によって最低返済額が決まりますが、同じ金額を借り入れたとしてもそこの金融業者によって違いが出るのはこの返済方式の違いです。
金利によって違いがあるわけではありません、プロミス金利によって違いがあるのは利息になります。
返済方式というのは残高リボルビング返済方式や元利定額返済方式などの名称となっています。
消費者金融や銀行で一般的となっているのは残高スライド元利定額返済方式になります。
残高に応じて返済額が増減する返済方式になりますが特徴としては最低返済額が小さいということ。
毎月の返済額が小さければ安心するでしょう。
無理のない返済をしていくことができますので確実に負担は少なくなります。
ところが返済が小さいということは返済が長引くことと直結します。
簡単に言えば100万円の借り入れを10万円ずつ返済していくのと、返済額を小さく1万円ずつ返済していくのでは返済期間に大きな差が出てくることと同じです。
返済期間が長引くとそれだけ日割り計算の利息を多く支払わなくてはならないことになります。
メリットとデメリットがあるため考えなくてはなりません。

Posted in キャッシング | Leave a comment

クレジットカードでお金を借りる

学生も申し込みができるクレジットカードでも、キャッシングができるものがあります。つまり、クレジットカードお金を借りることができるというわけです。
留学や旅行などのために、クレジットカードを作る学生の方も多いでしょう。ショッピングの限度額は10万円程度のクレジットカードが多いでしょうか。親権者の同意があれば、30万円ぐらいまでの限度額を設定できるクレジットカードもあります。
キャッシングは枠を設定しないこともできます。枠を設定したとしても、何十万円という額がキャッシングできることはなく、ショッピング枠との兼ね合いも併せて5万円まで程度となっているクレジットカードが多いのです。
クレジットカードでのキャッシングは、確かに便利ではありますが限度額がもう少しあればよいのにと考える方もいらっしゃるでしょう。キャッシング枠以上の金額を借りたい場合には、専用のローンなどを利用したほうがよいでしょう。
ローンでは、審査によって限度額が決まりますので、必ずしもクレジットカードのキャッシング枠よりも大きくなるとは限らない場合もあります。また、消費者金融が取り扱うローン商品では総量規制があります。年収の3分の1を超えた借り入れは貸金業者からできないというものです。
クレジットカードのキャッシングは、貸金業者からの借り入れに含まれますので、すでにキャッシングを利用していて、さらに消費者金融からの借り入れをしたい場合には総量規制の金額に注意が必要です。

Posted in 消費者金融 | Leave a comment

よくみるキャンペーン広告、ローンカードって何?

インターネットを開くとキャンペーン広告が目に飛び込んできます。
気になる広告ばかりが目につくと思いませんか?
インターネットを開くことによってそのデバイスからどんなものが開かれているのか記録されています。
その人にとって適切な広告が効率よく表示されるようになっています。
過去に気になって調べた事柄や、購入しようか検討していた商品が表示されることはよくあるでしょう。
広告にキャッシング関連が表示されることもあるでしょう。
もしかしたらあなたはお金が必要な何かを考えて検索していたのかもしれません。
キャッシングとはいっても消費者金融であったり銀行であったりとさまざまなものがあります。
学生であるあなたは、どんな借り入れ先があるのでしょうか。
ローンカード、カードローン、キャッシング、それらの言葉は共通することです。
意味としては変わらず銀行や消費者金融などの金銭貸し借りを扱う業者から個人がお金を借り入れることとなっています。
人によってどんな理由があるかは異なるものであり、借り入れたい金額も異なるものです。
別の誰かにとって便利だった借り入れが、自分にとっては不便だったり危険だったりすることもあります。
学生も業者からお金を借りることができます。
友人から借りるのではなく、親から借りるのではなく、業者から借り入れをすることになります。
これは今までのお金の使い道とは異なってくるでしょう。
どのようなことに気をつけなければならないのか、しっかりと検討しなくてはなりません。

Posted in 消費者金融 | Leave a comment
© よくみるキャンペーン広告、ローンカードって何?